骨接ぎができる資格|資格が必要な仕事|リンパマッサージで食べていくには
メンズ

資格が必要な仕事|リンパマッサージで食べていくには

骨接ぎができる資格

女性たち

接骨院やトレーナーで活躍

近年、柔道整復師になる人が増加しています。多くの柔道整復師は接骨院(整骨院)を開業して、骨接ぎなどの医療行為に携わっています。増加した要因の一つは高齢化などで骨折や脱臼・ねん挫などの怪我をする人が増えて、接骨院のニーズが高まっているからと言われています。また整骨院とは違う道を進む人も少なくありません。例えば、スポーツ団体やフィットネスジムなどで働くことです。選手や利用客が脱臼や捻挫をしたとき、すぐに対処できるのも雇われる理由ですが、それとは別に柔道整復師は人体についての幅広い知識があるためトレーナーとして活躍できるわけです。近年ではスポーツやジムのニーズも高まっているため、同時に柔道整復師のニーズも高まっています。

試験は筆記のみです

その柔道整復師になるためには試験を受けることになりますが、その試験内容は筆記試験のみです。「筆記だけで医療行為ができるのか」と疑問に思われるかもしれませんが、受験資格を得ている時点で医療行為できる実技は身につけているのです。その受験資格では特定の学校・養成施設で特定の単位を取得することが条件となっています。その単位取得の中に骨接ぎの実技を習得しているわけです。この骨接ぎができるのは医師と柔道整復師だけしかできず、立派な医療行為となります。ちょうど医師国家試験が筆記のみであるのと同じことで、医術に関しては医学大学で習得していることになります。柔道整復師という名前ですが、柔道家でなくても資格を取ることができます。